mamanoa通信/バックナンバー最新号

※このメールは、スクスクのっぽくん商品をご請求いただいた方、メールマガジン登録を行っていただいた方にお届けしている「ママのための情報マガジン」です。
2020/10/14
vol.433
小さい時ほど要注意!テレビの視聴時間と視力について

みなさんこんにちは。スクスクのっぽくんです。

現代の子ども達にとって、テレビやyoutubeは最も熱中する遊びの1つ。

親にとっても、その間は家事が捗るので、どうしても見せる時間が長くなってしまうなんてことも。

そんな中、乳幼児期における長時間のテレビ視聴が、近視の原因になり得るということを証明する研究が岡山大学により発表されました。

LINEでオススメ商品診断♪

スクスクのっぽくんの公式LINEでは、お悩みや年齢に合った商品をご案内中♪

サンプルもお届けできますので、ぜひ一度お試しください!

→詳しくはこちら


1歳半と2歳半時の視聴時間がその後の視力に影響

今回の研究は、21世紀出生児縦断調査と呼ばれるデータを元にして、テレビの視聴時間が視力低下に与える影響の有無を分析しました。

今回の研究では4万7,015人の子どもを対象に、幼少時のテレビ視聴時間と、7~12歳の小学生時に「子どもの視力が悪くなった」という親の悩みが1回以上回答された場合の関係を検討しました。

その結果、1歳半と2歳半時にテレビ視聴が主な遊びであった子どもは、そうでない子ども達に比べて、小学生時に「視力が悪くなった」と回答した親の割合が有意に高いことが分かったのです。


2時間以上の視聴は要注意か

2時間以上テレビを見ている2歳半の子ども達は、1時間未満の子ども達に比べると、小学生時に視力が悪くなったと回答した割合が有意に高かったのです。

一方で、3歳半~5歳半の子どもたちのテレビ視聴時間は、小学生時の視力には関連は認められませんでした。

つまり、1歳半や2歳半といった、より幼少期における2時間を超えるテレビ視聴は、成長して小学生になった時に視力が低下する要因の1つになり得ると言えます。


言語発達や社会性の遅れにも繋がる可能性

幼少期の長時間のテレビ視聴が与える影響は、視力だけではありません。

実は、小児科学会では約20年前からも、「乳幼児期におけるテレビの長時間視聴は言語発達や社会性の遅れに繋がる可能性がある」として、2時間未満の視聴を推奨しています。

もちろん、テレビなどによって子どもに良い刺激や遊びを与えることもできます。

しかし、子どもの健康的な未来を守るためにも、特に乳幼児期においては、その使い方と利用時間に注意が必要でしょう。


スクスクのっぽくんでは、子どもの成長や子育てに関するニュースをお伝えしております。

気になるニュースをお届け!スクスクNews

こちらもぜひお役立てください。


↓↓お腹の調子を整える親子の体調管理!↓↓

毎朝のスッキリに!毎日の強い免疫力のために!こどもフルーツ青汁がパワーアップしました

大人気「こどもフルーツ青汁」がパワーアップ!野菜の数も増え、おなかの健康もより効果的にサポートできるようになりました。

保存料・合成着色料・人工甘味料無添加、国産大麦若葉使用だから、親子で毎日安心してお召し上がりいただけます。


食育にも取り組む、NHK人気アニメ「はなかっぱ」監修商品♪

大人気「こどもフルーツ青汁」が、NHKアニメ「はなかっぱ」の監修になりました!かわいい3種のオリジナルイラスト入り♪

↓↓お申し込みは公式サイトから!↓↓



お電話やメールでもお問い合わせください

【フリーダイヤル】0120-672-678(受付時間:9時〜21時)

【メール】toiawase@suku-noppo.jp




成長期のカラダの可能性を高める!カルシウムグミ



幼児期の身体の土台づくりに!こども食育グミ


こどもフルーツ青汁


食べるチカラを育てる!食育麦茶


プレミアムピュアヴェール



♪SNSでも情報配信中♪
→スクスクのっぽくん公式LINE
→スクスクのっぽくん公式Facebook
→スクスクのっぽくん公式Instagram
→スクスクのっぽくんママスタッフ公式Instagram

発行人:ママノア編集部(運営:有限会社ルーティ)

★ご意見・ご感想はこのメールにご返信ください。ママ編集部で今後の企画運営の参考にさせて頂きます。
★このHTMLメールはインターネットに接続した状態でご覧ください。
【ママノア通信】の解除はこちら↓
https://www.suku.jp/account/cancel

PAGE TOP

MENU