レシピ

秋の味覚を楽しむデザートレシピ【栗入り♪薯蕷饅頭】


秋を満喫♪デザートレシピ!

【栗入り♪薯蕷饅頭】

材料(5個分)
大和芋・・・50g
上新粉・・・65g
砂糖・・・50g

粒あん・・・100g
栗の甘露煮・・・5個

作り方
【1】大和芋は皮をむいてすりおろす。栗の甘露煮は汁気を切っておく。

【2】ボウルに大和芋を入れてゴムベラで空気を混ぜ込むように混ぜ、砂糖を3回に分けて加えて、その都度ふんわりと混ぜ合わせる。

【3】上新粉を2回に分けて加えて混ぜ合わせる。2回目は手で軽くこねるように混ぜ合わせてもOK。

【4】耳たぶほどの柔らかさになったら生地を5等分に分けて軽く丸めておく。

【5】粒あんは5つに分けて中に栗の甘露煮を入れて丸める。

【6】(4)の生地を手のひらに乗せて平らに広げ、中心に(5)の栗あんをのせて周りの生地を中央に集めるようにして包む。
※生地が手にくっつくようでしたら、上新粉(分量外)をまぶしてください。

【7】綴じ目を下にしてクッキングシートに置き、中火~強火で10分ほど蒸して完成♪

★栄養ポイント
・小豆の皮にはポリフェノールや食物繊維が含まれていますので、皮ごと食べられる粒あんがオススメです。
・大和芋は長芋に比べて粘りが強く、お菓子などに使いやすいです。また、昔から滋養強壮に良い食材として親しまれています。水溶性食物繊維の一種、ムチンが含まれており、体の粘膜を守ってくれたり、消化を助けたりする働きがあります。
・秋の味覚、栗にはビタミンCや食物繊維など体の調子を整える働きのある栄養素が多く含まれます。

季節の変わり目は疲れやすかったり、体調を崩しやすかったり何かと安定しない時期。
そんな時こそ、手作りの安心おやつでゆっくりとティータイムを過ごしてみませんか?


記事一覧へもどる

管理栄養士 磯村優貴恵プロフィール
ダイエット専門の管理栄養士としてサロンにて食事指導を経験。 その後、およそ3年間、日本料理やイタリアン、カジュアルフレンチなど、様々なジャンルの調理に携わり独立。 現在は栄養指導と調理の経験を活かして子供から大人まで、その人に合った食事指導を行っている。
資格:管理栄養士、フードコーディネーター、薬膳インストラクター

PAGE TOP

MENU